札幌購入計画は一旦すべて終了

昨年より、何度も第二の故郷である札幌に夏だけ住めるように、物件の購入検討しています。

いないときは民泊運用できるオーナーズマンションを探しています。

 

ただ、1番目に買い付けをいれた物件はこちらが融資に非常に苦労している間に、道内の方に買い取られてしまいました。

ちょうどぎりぎりで、融資をしていただけそうな銀行を紹介していただけたのですが、間に合いませんでした。

 

2番目の物件は満額で買い付けを入れようとしたのですが、物件そのものが裁判状態になってしまって売却ができない状態になってしまいました。

こちらは裁判終了待ちですが、まあ、終わるまでに相当な時間はかかると思います。

 

3番目の物件はあまりに値付けが高いので、適正と思われる指値をしたところ、玉砕。

そのうち、売れずに値下がりするか売却をやめるかだと思います。

このあたりは、4月以降はより売りにくくなるはずで、そうなるともっと下げるしかないのではないでしょうか。

 

4番目の物件は一番気に入った物件で、立地も良く、一度指値をして断られたので、再度、値段を上げて交渉しましたが、いまさらながら、表示の値段でも難しいなどと言ってくる始末で、正直商品として成り立っていなかったようです。

ということで、今はどれもこれもなかなか難しい状態ですが、夏までにはなんとか移住計画が成り立つようにしたいと思います。

やはり、今は売り手市場なので、なかなか厳しい状況ですね~。


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
人生の終わりの準備は十分ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。