進藤さんの物件見学

昨日は、進藤さんの新築物件を見学させていただきました。

場所は十条と板橋本町の間ぐらいのところ。

私の東十条の物件とは徒歩2-30分の距離ぐらいで意外に近い場所でした。

物件は環七からちょっと奥まったところにあり、木造の3層長屋です。

外観はいつもと同じような感じですね。

内装で一番違ったのは、いつもは絶対にやりたくないと言っていたユニットバスの導入

進藤さん自身の物件でも、建築家ではなく大家の立場に立てば、劣化対策等級2級のためにはユニットバスを導入するということですね~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ローンが22年になるか30年になるかはキャッシュフローに大きな差がでるので、他の物件で良くやられているガラス張りの浴室は封印されていました。

それ以外は、構造用合板を使った階段や

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木目と白のコントラストがきれいな階段や居室はとても良かったですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとは、ロフト。

今回面白かったのは階段部のキッチンの上を利用したロフト。

開口もとれているし、居室からの上がり下がりが数段でとても楽。使いやすいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろん、部屋によってはおなじみの垂直はしご。

これは絶対に私はやりたくないです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポストやインターホンも玄関先にまとめられていて、とてもいい感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうせなら、今や賃貸には必需品の宅配ボックスも一緒に付けた方が良かったと思います。

コストも抑えられていて、土地の使い方も正直、建築家だからこのプランが作れたと思います。

やはり新築にはこれくらいの知識は必要ですね。私はもう少し勉強しないと。


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
人生の終わりの準備は十分ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。