給湯器の緊急トラブルなので、自分で取り付け

先日、うちの物件に住んでいる女の子から入電。

「お湯がでないんでぇ~す」

こちらもたまたま自主管理をしている部屋。どうも最近自主管理部屋ばかりトラブルが起きています。

今の時期お湯がでないのはさすがにつらいので、すぐに現地に急行。

現地確認しました。

行ってみると、給湯器から水がポタポタ落ちており、内部がパンクしていました。

年末のため、業者さんも厳しくてすぐには無理とのことでしたので、すぐにネットで発注。

 

自分で取り付けることにしました。

しかし、業者さんに頼むと16号の給湯専用でも7万円くらいは取られるのですが、本体はたった2万円程度。

その日は工事できませんので、入居者の女の子には近くのスーパー銭湯が一日1000円でしたので、とりあえず3000円ほど渡しておきました。

結局、翌日商品は届いてすぐに現地で取り付け作業の開始です。

ガスと水道の元栓を閉じて、電源も直付けでしたので電気のブレーカーも落として、すべての配管を外しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ねじがバカになっていて、なかなか取り外しに時間がかかりましたが、何とか取り外しに成功。

新しいものを取り付けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

型番は旧型から新型に代わっていますが、基本は同じ。

ここは、リモコンもないタイプなので、簡単でした。

ガスに関しては、東京ガスに頼みましたが、すぐに調査に来てくれたものの、工事は一週間後にならないとできないとのこと。

ただ、可とう管を交換するだけなので、ものの数分でできるじゃないかと話をしても、ルールだからできませんとの回答。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでは入居者の方も困るので、急遽プロパンの業者さんにお願いして、なんとかすぐに工事をやってもらいました。

仮になら、可とう管をそのままつけることもできると思っていた(ルール上は交換時は新規の可とう管に交換しなければならない)のですが、新型になって、ガスの接続部の大きさが変更になってしまっていて、変換アダプタが必要でした。

私は可とう管の講習は受けているのですが、部品は在庫していませんでした。

まあ、ガスはちょっと怖いので、DIYよりは業者さんに頼んでも可とう管込みで5000円程度。

可とう管は単品で買っても3000円から3500円はするので、工賃はとても安いので、業者さんに発注する方が安心・安全です。

とりあえず、無事入居者さんには「今日からお風呂入れます」とメール。

夜になって「お湯がでましたぁ~」とメッセージが入りました。

無事、緊急対応終了しました。

もちろん壊れた給湯器は自宅そばの金属買取屋さんに持っていきました。

1800円ももらえました。ラッキー。


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
金を使わず頭を使え!ー被害者にならないために大切なことー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。