キラウエア火山 カラパナ 溶岩を間近でみる

本日は、キラウエア火山の溶岩でなくなってしまった街カラパナに行ってきました。

カラパナは溶岩流で飲み込まれてしまった街です。

溶岩流も見に行くのに往復8時間も歩かなければいけなかったのですが、昨年の夏からこのカラパナから臨時の道路が作られて、溶岩流を比較的すぐ見に行くことができるようになりました。

本日はコナからカラパナまでレンタカーで行き、道路のエンドの臨時駐車場に駐車。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこから、自転車を$20で借りて、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

40分ほど進んだ第2ゲートに自転車を止めて、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのまま歩いて溶岩の上を1時間強、煙の出ているあたりを目指して進んでいきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ついに発見です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

その後も次々と溶岩流を発見。

じっと見ていると、突然、固まった溶岩の間から、どろっと真っ赤な溶岩が流れ出します。

私は、2時間以上現地で見ていましたが、様々なところから溶岩が噴き出していました。

なかなか迫力があって面白かったです。

動画はこちらです。なかなかの迫力だと思いませんか?

 

ただ、ひとつ大失敗。

マシュマロ持って行くの忘れました〜。

マシュマロの溶岩焼き食べたかったです。

この溶岩流はまたいつ終わるかわかりませんので、今のうちに是非ハワイ島でみることをオススメします。

現地で見るとその熱も感じますので、迫力はなかなかですよ。

 


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

    ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
初心者が知らない間に抱えてしまっているリスク(2)


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    神奈川県横浜市生まれ。
    大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。

    障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。