やっと雨が降った

現在、雨漏りトラブルを抱えている物件が二つ。

どちらもきちんと業者さんにリフォームしてもらっていたのですが、それでも発生しました。

先日の台風21,22号の時にかなり被害を受け、雨がポタポタで室内が大変でした。

その後、ひとつは業者さんの保証で修理。もう一つは保険請求で修理ということでひと段落ついたつもりですが、やはりまだまだどうなるかわかりません。

最近はあまり雨も降っていなかったので、直したところが問題だったのかが判断できませんでした。

修理後も業者さんからは、「たぶん大丈夫だと思いますが、様子を見てみないと何とも言えません」という心許ないお話しかありません。

まあ、雨漏り原因追及はなかなか大変ですので、なるだけ早く終結することを願っています。

先日も友人と雨漏りしていた別荘で過ごしていましたが、合宿していましたが、雨漏りの原因追及に一年かかったという話を聞きました。

私のところも3階は雨漏りしていなくて、2階は少し気になる程度、1解はボタボタと雨が入る感じです。

そうなると上下水を疑いたくなりますが、大雨の日しか被害がありません。

どういう経路で一階にくるのかもわからず、対応していますが、処理したところが当たっているといいですけど。

とりあえず、入居者さんからは特に連絡もないので、大丈夫だと思っていますが、雨漏りはなかなか難しいトラブルですね。

 


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
破産事件の「免責についての意見申述」の結果は?

  2/3 九州大家の会でセミナーします。 今までの集大成をすべてお話しします。




2/10 沢さんのセミナーが開催されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。