建物明け渡しの強制執行の前準備

物件の中で、入居後数か月目から家賃が遅れだし、その後、全く入金がなくなった入居者がいます。

すべての入居者には保障会社を義務付けしているので、毎月のように代理入金をしてもらっていました。

入居者から保障会社には遅れてでも入金しているのかと思っていたところ、保障会社より建物明け渡し請求をするとの連絡が入りました。

それから、数か月たちましたが、結局何も変わらず、来週の月曜日に明け渡しの強制執行を行うと連絡が入りました。

客付け会社と保障会社ですべてやってくれるようですが、退去後の原状回復の問題もあり、私も立ち会うことにしました。

クルマもバイクも持っているのですが、当日にはあるでしょうか。

本人はいるでしょうか? 昨日現地に行ったら電気ついてたので、いるみたいです。

しかし、家賃滞納していて電気が止められていないのも不思議です。

今回の保障会社は家賃と裁判費用はすべて持ってくれていますが、原状回復費用は仲介業者によると、一月分までとの話です。
このあたりもこれから調べてみないとよくわかりませんが、あまり部屋があれていないことを祈るだけです。

滞納も困ったものですが、退去されると家賃も入ってこなくなるので、さらに困ります。

最近は立て続けに手間のかかるトラブルと退去があって、本当に忙しいです。また、必死に募集活動をしなくてはなりません。

とにかく、強制退去の立ち合いは初めてなので、どんな感じか見てきたいと思います。まあ、これも経験値アップになると考えるしかないですね。


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

    ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
初心者が知らない間に抱えてしまっているリスク(2)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。
大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。

障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。