雨漏り その後

先日、雨漏りした物件を業者さんにチェックしてもらいました。

やはり壁などには亀裂はなく、原因が不明です。

とりあえず、屋上の笠木のところのシールが切れているところがあったようで、そちらが原因ではないかという推論にいたりました。

とりあえず、古くなっていたシールをすべてはがし、あたらしくシールを打ち変えしてもらいました。

 

これで雨漏りがとまるかどうかはわかりませんが、とりあえず、しばらく様子見をします。

ついでにすべてのところを打ち直ししてもらいました。

私も台風の中、屋根に登ったのですが、この部分は見落としました。

もっとしっかり見ておけば良かったです。

入居者さんとは連絡をとって、その後どうなったか連絡をもらうことになっていますが、その後はあまり強い雨が降っていないので、どうなるかはわかりません。

なんとか無事、解決してもらいたいです。

 


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

    ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
初心者が知らない間に抱えてしまっているリスク(2)


2 件のコメント

  • 屋上からの漏水たまにありますね、屋上の雨水を流す排水口?に見えない亀裂が入っていてそこを防水したら直ったことがあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    神奈川県横浜市生まれ。
    大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。

    障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。