ハワイ airbnb の今年の収入

今年も本当にあっという間に10月も終わりに近づき、残り少なくなってきました。

ハワイでは1bedroom と 2bedroomの二部屋をairbnbで運用しています。

この予約も今年はそれぞれ2-3週間分ぐらいの空きを残して、ほぼ埋まってしまっています。

ハワイのairbnbの特徴はやはり、年間を通してニーズがあるということ。

これは日本のairbnbとはちょっと違いますね。

また、小さい部屋はたくさんあるのですが、大きな部屋はやはりワイキキには少なく、特に2bedroomのニーズは根強いものがあります。

昨年はこの2bedroomを現金買いしたので、それなりに収益は良くなっています。

現時点での収益です。

これから入る予約分を考えると、年間$130,000ぐらいです。

日本円で1450万円。

ただ、単純利回りではかなり高いのですが、やはり経費が莫大にかかります。

税理士費用・納税・メンテナンス費用・電気代・管理料・清掃費・備品代

日本なら、ちょちょとで済むことが、何百ドル、何千ドルと羽が生えたように飛んでいきます。

もう少し、何部屋か持たないとなかなかペイしませんね。

ハワイの不動産は基本は減価償却とキャピタルで、インカムはやはりおまけのように考えておいた方がいいかもしれません。

ただ、なんとかインカムも収益ベースに上げるために、いろいろ画策していきますので、もう少ししたら、こんなに儲かるようになりましたと報告できるかもしれません。

それでは。


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
破産事件の「免責についての意見申述」の結果は?

  2/3 九州大家の会でセミナーします。 今までの集大成をすべてお話しします。




2/10 沢さんのセミナーが開催されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。