カビの原因追及

退去した部屋の一部にカビの発生があった。

数年前のリフォーム時に外壁の防水対策は行い、さらに結露防止に断熱材としてスタイロフォームまで入れてあったのでちょっとショックです。

とりあえず、カビが発生していた部分の石膏ボードを壊して中身を確認しました。

中を開けてみると内部の間柱でもいくつかやられているところがあり、いろいろ調べてみました。

どうも、外部の基礎のところの隙間から雨水が浸透し、その湿気でやられたようです。

 

ちょうど柱が湿っているところと外部の穴の位置が一致しました。

そのため、今回は、外部の穴をコーキングできちんと固めて、念のため、内部の隙間もすべてコーキングで埋めました。

その後、水をかけて様子を見ましたが、大丈夫のようです。

その後、間柱を入れ替え、スタイロフォームの入れ直し、さらに新品の石膏ボードに交換までやりました。

最後にパテをいれてつなぎ目をきれいにして、クロスを全面貼りかえてもらいました。

急ぎで修理したかったので、知り合いの業者さんと一緒に一気に仕上げました。

これで、まずは大丈夫だと思います。

早く決まるとうれしいです。

 


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
人生の終わりの準備は十分ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。