瀬戸内 ひだまり かき氷 に 行ってきた

うっちゃんが昨年から始めた 鷺沼の瀬戸内ひだまりかき氷に見学と試食を兼ねて行ってきました。

もともと四国で夏限定でやっていたのをこちらの住宅地に持ってきて、昨年から始めたようです。

近くにいながらなかなか来ることがなかったですが、今日はすごく暑いし、ちょうど出かけたので、その足で行ってきました。

とても混んでいて、名前を書いて待つこと30分。

やっと自分たちの番がきました。

うっちゃんは瀬戸内レモン味。

私は温州みかん味

どっちもとても美味しかったです。

粉雪のような氷なので、食べても頭も痛くならないし、シロップはプロの職人に瀬戸内の本物の果実を使って作ってもらったもの。

そのへんのなんちゃってかき氷ではなく、本物の味でした。

最近はこういう本物の味を出しているお店がSNSなどの影響なので、とても流行ります。

賃貸物件もそうですが、こういう何かこだわりを持ったものを作れば、やはり人気が出て決まりやすい。

なにかとコスト優先でやってしまうのですが、こういうこだわりを持つことの重要性をあたらめて感じました。

これは、HANAKOの表紙にも使われていて、本当にすごいですね。

中にも見開きで4ページほど掲載されていました。
これを広告としたらとんでもない金額ですね。

皆さんも是非、食べてみてくださいね。


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
破産事件の「免責についての意見申述」の結果は?

  2/3 九州大家の会でセミナーします。 今までの集大成をすべてお話しします。




2/10 沢さんのセミナーが開催されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。