バンフに移動 (マイルで世界一周の旅)

バンクーバーでのairbnb調査やコンドミニアムの調査は無事終了し、本日は、バンクーバーからカルガリーに移動しました。

飛行機からはカナディアンロッキーが綺麗に見えました。

カルガリーといえば冬季オリンピックで黒岩彰や橋本聖子・伊藤みどりが活躍した場所ですよね。

まあ、簡単にカルガリーに来れたわけでなく、本日も大事件勃発です。

バンクーバー空港でチケットを受け取った際に搭乗口を完全にC47と思い込みました。
時間に余裕があったので、ラウンジでのんびりしていて、その後、搭乗口に移動。

C47の搭乗口に並んでいたのですが、いつになっても搭乗しません。よく見るとどうもスペルがモントリオールに見えます。
ハッと思って、よくチケットを見直すとC47ではなくてC49。

やばいです。もう既に10分前。慌ててケイマンさんを探すも見つからず、全速力で、C49に移動。

もう誰もいません。

でも、何とか搭乗に成功。しかし、席に行ってもケイマンさんはいません。

もうこのまま出発かと思われた時に、前から汗だくでちょっと小太りの方が搭乗。

ギリギリ間に合いましたぁ〜。 やばかったです。

到着後、我々はカルガリーには宿泊せず、すぐにバンフに向けて移動です。

移動はbrewster のバスを利用しました。

片道$69ですが、現地での予約ではround trip の場合、15%引きになるので、ネット予約はしないで現地で支払いました。

現地まで約二時間ぐらいのバス移動。バスは快適で全然楽チンでした。

ホテルはこちらも2ベッドスイートルームを確保。中には贅沢にもプールもあり、なかなか素敵なところです。

ロッキー山脈を見ながら泳げるプール快適です。

ここにも私たちが尊敬する大橋巨泉さんのOKギフトショップもありますので、そちらも見学。トロントで見学してから二度目の来訪です。

巨泉さんといえば、売れまくっている時に引退し、その後、日本・カナダ・オーストラリアなどを転々としながら、パーマネントトラベラーとして生活していた人ですね。

奥様の理解もあって、理想的な生活をしていましたが、最後はガンでなくなってしまったのが残念です。

とりあえず、本日は移動に時間がかかりましたが、到着後、早速バンフの街を探索。

周りがカナディアンロッキーに囲まれていて本当に気持ちのいい場所ですね。

私はこういうところ大好きです。

街では日本人でこちらで二十年以上働いている方とお会いして色々お話伺いました。

こういうところのビジネスモデルはなかなか楽しそうな感じです。

建物も素敵なものが多くて、こんな物件を日本で作れば、人気になると思います。

参考になりそうなものを色々見学して写真撮りまくって来ました。

外装も内装も参考になるものだらけです。一部を載せます。

 

 

今日は力を蓄えるために12ozのステーキをいただきました。

 

 

 

 

空気が綺麗なところでは何を食べても美味しいですね。

 


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
破産事件の「免責についての意見申述」の結果は?

  2/3 九州大家の会でセミナーします。 今までの集大成をすべてお話しします。




2/10 沢さんのセミナーが開催されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。