「隣の土地は借金してでも買え」

昨日の夜に、とある土地家屋調査士から連絡が入りました。

私の所有する土地の隣地を売却するので、立ち合いをしてほしいとのこと。

突然の話なので、資料を送ってくれと連絡しました。

本日、速達で不動産業者よりいくつか資料が届きました。

土地の広さ、希望売却価格など。

現在はアパートが建っているのですが、取り壊して、アパートを建て直すか、新築戸建てを建てるかのどちらかです。

ただ、今回の土地は戸建にするには大きすぎ、二棟現場にするには小さすぎです。

そのため、今どういう方法が一番かを考えていますが、とりあえず、相手の様子を探るべく、月曜日に業者さんにお会いすることにしました。

明日は、そのための作戦を立てたいと思います。「隣の土地は借金してでも買え」といいますが、今はあまりお金を使いたくないんです。

先日、他の物件の隣接地を購入したばかりなのでね。 重なるときは重なるものです。

業者ブログ強いですね~。順位降下中、応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!
    

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
かなりのお金持ちになったフェーズでの不動産投資の考え方(最終回)


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
人生の終わりの準備は十分ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。