今回もTIBORか?

Facebookでつながっている方はご存知ですが、本日、傷だらけの体で、約束していた某地銀さんが来社されました。

今建築中のRCの際には地銀さんを断り、都銀さんを選んだので、今回の新築APはかなり気合が入っています。

とりあえず、不足資料や細かい疑問点の質問があり、それらをすべて提出しました。

一応、大体の物件評価はこちらの予想通りですが、相変わらず、きつめの評価は土地が路線価の7掛け、建物は6掛けと相当な掛け目です。

まあ、一般的な路線価ではそこそこ出ているので、今回はこれがどの程度緩和された数字が出てくるかが最大の興味です。

一応のスタンスは大体聞いたので、今週の末までには大体のラインが出てくる予定です。

今回も副支店長さんがかなりやる気でいて、希望融資額は共同担保をいれれば出せそう。期間は30年。金利はTIBORベースでおそらく0.53%。

今回は1億以下の融資なので、1%ぐらいかと考えていましたが、このあたりはかなり気合で融資を取りに来るようです。

信金さんは1%強なので金利では勝負になりませんが、融資額は信金さんのほうが共同担保なしで満額出しそうという、非常に悩ましい状況になりました。

このあたりはシミュレーションをして検討したいと思います。

明日は、信金さんに連絡しなくてはならないので、このあたりを正直に話してみたいと思います。

応援よろしくお願いします。
    

興味のある方はぜひ読んでください。
自己資本比率の強化のための具体策


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
破産事件の「免責についての意見申述」の結果は?

  2/3 九州大家の会でセミナーします。 今までの集大成をすべてお話しします。




2/10 沢さんのセミナーが開催されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。