公庫の面接準備

今回、購入した物件はせっかくなので公庫の融資を引こうと思っている。

購入費とリフォーム代の一部である。

総額は路線価以下程度の金額であるが、はたしていくらまで貸してくれるでしょうか。

今回の融資は新規法人。他の法人では総額で2200万ほど融資を受けています。

とりあえず、必要書類には新規法人分と代表者の資料と書かれているので、その準備をしています。

必要なのは、法人税・事業税と源泉所得税の領収書と通帳の控え。

借入金の明細

など。

この法人は売り上げがまだ発生していないので、それほど必要な資料はありません。

とりあえず、今週の金曜日の午前中が指定日なので、代表の妻とともに行ってきます。

無事融資がつけばいいのですが。

だめならまた現金買いになっちゃうので、資金がタイトになってしまいます。

でも、公庫も昔と違って、事前に別の担保を出さなくても良くなったので、ずい分使い勝手が良くなりましたね。

収益物件の場合は、自宅以外で別の物件に担保を付けると売却時にとても面倒です。

共同担保も自宅以外ではやりたくないですね。

自分自身の自由度を狭めることになって、のちのち苦労することになります。

ということで、明日の晩、すべての資料を用意して面接に行ってきたいと思います。

最新の健美家コラムはこちら


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
破産事件の「免責についての意見申述」の結果は?

  2/3 九州大家の会でセミナーします。 今までの集大成をすべてお話しします。




2/10 沢さんのセミナーが開催されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。