アパートローン

今日はちょっと教材の紹介

私も勉強させてもらっている元銀行の融資担当者である小川さんが書かれた


アパートローン必勝マニュアル

が本日27日より復活するそうである。


とにかく、資産をふやすには融資をいかにうまく引き出し、さらに安全な状態にしておくかはとても重要。

無理して、融資を引き出しても破綻したらおしまいだし、融資を使わなければ資産を増やすことは大変である。

とくに、現在は物件価格も大きく下がり、さらに今後も下がることが期待され、その代わりに融資は厳しくなっている。

その中でうまく融資を引き出せれば、成功確率は大きく高まる。

特にこれからはじめられる方や、1-2棟でさらに増やそうとしている方は是非読んでみるといいと思う。

特に、今回このブログより購入していただいた方には、私が融資の際に、銀行に提出している融資依頼事業計画書(word)・融資シミュレーション資料(Excel)と属性&借入金一覧資料(Excel)のフォーマットを差し上げる。

私はいつもこの3点の資料とその他必要資料を添えて銀行に提出している。

正真正銘私が今、使用しているものである。

昨日、私が今回の融資を取った際に提出した資料を皆さんへの配布に先立ち、小川さんに客観的に評価していただいた。

以下にコメントを載せる。

----------------------------
送っていただいた資料を拝見いたしました。
とても素晴らしいものと思いました。

私も10年以上、融資の受付、稟議書作成業務をして
多くのお客様と接してきましたが、このような資料を作成して
銀行にプレゼンされる方は多くありません。
(投資物件の新築案件で建築会社が作成したありえない数字で
作った事業計画を持ってくる人はいましたが、ご自身の経歴や
資産状況を一覧にして持ってくる方はいませんでした。)

しかし、例外がありそれは赤井様のように何棟も不動産を
買い進めていっている方です。
何棟も買っている方は、ご自身できっちり資料を作って持ってくる
ことがほとんどです。
私の知り合いでここ3~4年で一棟物の収益物件を14棟
買った人がいて借入の相談に乗ったことがあるのですが、
彼も赤井様と同じような資料を銀行提出用として作成していました。
物件を取得されている方はさすがに違うなと思いました。

・融資依頼事業計画書

物件のメリットだけでなくデメリットもきっちり書いてあって
いいですね。
先日のフェスタの時もおっしゃっていましたが、○○ばかり書いてあると
銀行は構えてしまいます。

○○も書くことによって、正直な人、信頼できる人といった
印象を持つようになると思います。

また、地域周辺の○○を書くことで、○○を見て
投資している方だと銀行は考えると思います。
そして、最後にアピールしたいポイントを持ってくる。
とてもいいですね。

あと、希望の融資額が通らなかった時に、○○を確認するのは大切だと思います。
とても素晴らしい資料だと思います。

・不動産投資シュミレーション

私の教材に事業計画作成シートと言って、単年度の収益を出せるのを
作ったのですが、それだけではなく長期間の収益を出せるプログラムを
作りたいと思っていながら時間が無くて取り組めないでおります。
いいソフトで大変よくできていると思います。
私も欲しいくらいです。

このシュミレーションの他に、ver.2として○○にしたもの、
ver.3として○○のままで金利が○○上昇したときのもを
合わせて提出するとさらにいいと思います。
この資料に記載されていた条件で○○で計算しても
概算ですがキャッシュフローは250万円程度でます。

銀行は何を見て審査しているのかといいますと、現状の条件で返済できる
こと以上に、○○が出た時、○○した時にもキャッシュフローが
どれくらい出るかを見ています。どこまで耐えられるかを見ています。
それで投資の○○を見極めています。

銀行が審査する時、家賃は満室時の○○%で計算します。
また、一般に銀行は金利上昇時の金利を○○%で計算してシュミレーションを
出します。
さすがに○○%でキャッシュフローが余る物件はそうは無いので、
物件単独で○○が出なくても融資否決になることは
無いのですが、そのように銀行は見ています。


・属性&借入金一覧

とてもよくまとめられていると思います。
経歴、家族構成、○○の状況、○○の状況、○○の内容など
銀行が知りたいことが買いてありますね。

銀行は、お客様の○○を見て審査をします。
○○が見えないとよくわからない人として、ネガティブに応対してしまいます。
お金を借りようという人のなかには、自分の○○を明かしたがらない人が
結構います。
しかし、ご自身のことを○○してくれる方には好感を持って
対応すると思います。

この資料と一緒に不動産の謄本のコピーも渡されていることと思いますが、
もし、渡していなければ、あいているところに所有不動産の住所(番地まで)と○○、建物の○○を記載しておくといいと思います。
こうすることで銀行は独自に不動産の価格を出します。
そして全体として資産と負債のバランスを把握する作業をします。
全体の資産・負債バランスが見えないと銀行は融資に消極的になってきます。

どれもすばらしい資料ですね。この資料に、確定申告書、会社の決算書、
既存借入分の返済予定表を銀行に提出したら融資担当者としては
非常に仕事がやりやすく、また同時に好感を抱きますので、何とか
審査を通したいというモードで仕事をしてくれると思います。

いいものを拝見させていただきありがとうございました。

----------------------------

とにかく、融資は不動産投資を進める上でもっとも重要なファクターです。

今回は小川さんの「アパートローン必勝マニュアル」を以下より購入していただいた方には、現在有償での配布を検討している、私、赤井誠の「銀行提出資料 3点セットのフォーマット」をもれなく差し上げます。

私の資料がもらえるのはここからの購入に限ります。

是非検討してみてくださいね。

なお、この特典は購入確定後、近日中に私の方から直接メール送付する予定です。

購入はこちらから---->
アパートローン必勝マニュアル


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
破産事件の「免責についての意見申述」の結果は?

  2/3 九州大家の会でセミナーします。 今までの集大成をすべてお話しします。




2/10 沢さんのセミナーが開催されます。


7 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS: acf7ef943fdeb3cbfed8dd0d8f584731
    教材のご紹介ありがとうございました。

    早速、購入させていただきました。

    何か勉強しないと不安で仕方ない
    今日この頃です。

  • SECRET: 0
    PASS: acf7ef943fdeb3cbfed8dd0d8f584731
    こんばんは。初コメントです。

    少し前にこの教材のことを知り、ぜひあかちゃんさんのところから
    購入だ!と昨夜までいきまいていたのですが・・・。
    先程なにを思ったのか、こちらを通さずに申し込んでしまいました・・・。バカな私です。今日は残念で寝られそうにありません。

  • SECRET: 1
    PASS: acf7ef943fdeb3cbfed8dd0d8f584731
    本日あかちゃんさんブログ経由で「アパートローン必勝マニュアル」を申し込みましたが、特典の「事業計画書・融資シミュレーション資料(Excel)と金融資産資料(Excelマクロ計算)のフォーマット」は購入時に登録したメールアドレスにお送り頂けるのでしょうか?

  • SECRET: 0
    PASS: acf7ef943fdeb3cbfed8dd0d8f584731
    にしやんさん
    いつも応援ありがとうございます。
    自分で学んで、さらに実践で身につけるというのがやはりもっとも重要だと思います。

  • SECRET: 0
    PASS: acf7ef943fdeb3cbfed8dd0d8f584731
    中島@山口さん
    中島さんは普段から十分勉強されているのではないでしょうか。
    ただ、最近は融資の基準も私が思っていたのと違う部分があることもわかって、銀行によってはアピールを変えています。

  • SECRET: 0
    PASS: acf7ef943fdeb3cbfed8dd0d8f584731
    和田@KYOTOさん
    それは残念です。場所によっていろいろ特典が違いますので、気に入ったものを手に入れてもらえばいいです。
    本体の中身は変わりません。
    ただ、私の融資資料は今までいろいろ培ったノウハウをすべて入れて作ったもので、あまり融資を受けたことのない人にとっては有意義だと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。