夜の調査

今日は、以前から気になっていた新築物件の夜の状態を見に行った。

物件への道の街灯が暗く、女性には怖いのではと思っていたのだが、思いのほか明るかった。

女性の3人組も歩いていたし、それほど心配することでもないことがわかり安心した。

やはり夜道の暗いのはとても怖いし、印象も悪い。

一応自販機とそれなりの街灯をつける予定なので、かなり明るくなるとは思うが、少しでも印象が良いほうがいい。


物件の屋根も先週末はできていなかったが、今日は一棟分はできていた。
最近は雨もほとんどふっていないので、順調に進んでいるみたい。

よかった。

2x4工法なので屋根ができるまで時間がかかる。
その間に雨がふると室内がびしょびしょになるし工事も遅れる。

天気予報だと、当分大丈夫そうなので、来月早々には屋根はすべて完成すると思う。


物件ができるまでにはいろいろやらなくてはいけないことが多い。

今回は、私のほうでもいろいろ手を加えることにしているので、10月中に物品を用意して、11月は少し現場で作業が必要だ。

しかし、だんだんできてくると、楽しみが大きくなる。

と同時に入居者が決まらないのではないかという不安も出てくる。

とにかく、一日も早く一部屋でも決まってもらいたいものである。

明日はギブコムのセミナーに行くので、現地でお会いしましたら、お声おかけください。

それでは。


暴落してます。応援クリックよろしくお願いします。下の画像をクリック!!

     ranking_banner.gif

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
破産事件の「免責についての意見申述」の結果は?

  2/3 九州大家の会でセミナーします。 今までの集大成をすべてお話しします。




2/10 沢さんのセミナーが開催されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県横浜市生まれ。 大学院 電気工学専攻 修士課程修了後、メーカーにて研究・開発業務に携わる。 障害者の父を助けて早朝から夜中まで働きづくめの母からお金の大切さを学び、サラリーマンの傍ら、不動産投資・経営の勉強を始め、夜と土日は不動産経営に従事し、二足のわらじを履くサラリーマン大家となる。